うみの河童

Arduinoを使って音を光(LED)に

前回の「16セグLEDをArduinoで実験」で表示部分はできた。
っていうより、
もともと、表示部分だけで完成する予定だった。
でも、やってて、これだけじゃ面白くないな
入力部分も作らなきゃ。

ってことで、今回!
音→光(LED)
に挑戦しました!
まだTEST段階ですが、ちゃんと動いたので載せておきます。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=ugghQOoNa64[/youtube]

今回の肝はMSGEQ7というICです。
こいつは何かというと、音を帯域(Hz)に分割して、
それを電圧として出力してくれるやつです。
スペクトラムアナライザというらしいです。

動画でいうと、
低い音が右の黄色LED
高い音が左の赤LED
が多めに光るようになっています。
帯域だけではなく、音の大きさにも対応しています。

ここまで書いちゃうと、もうやりたいことが見えてきますよね。。。
でも、気づかなかったフリをしてください(笑)

これで表示部分・入力部分が完成しました。(回路的に)
これをさらにシールド化して
外側を作っていきます。
年末の休みを使って、どうにかデバイス本体は完成させたい!
でも、そんなにうまくいかないだろうなーとw

とりあえず、そんなかんじです。
自宅で地味な作業をしておりますw
来年はド派手に!!