うみの河童

AVRの開発環境構築

前回の
AVRの部品・AVRライタ購入
で部品も揃ったことなので、次は開発環境をと。

ですが、自分はPololu USB AVR Programmerを使うので
こちらを使う前提で進めます。

あと、windows7です!

まずは、
Pololu USB AVR Programmerのサイトの
プログラマの画像の下にResourcesというタブをクリック。
その中のPololu AVR Development Bundle for Windowsをダウンロード

ダウンロードできたらインストール

ひとつ気をつけないといけないのが、AVR Studio4を勝手に入れようとするので、
チェックをはずす。
後からAVR Studio5.1をいれるので。

あとは流れに沿って。

次にAVR Studioを入れます。
の前に、
Microsoft Visual Studio 2010 Shell (Isolated)ってのを入れます。
日本語版を入れるとAVR Studioも日本語化されます。
(ところどころ英語は混じります。。。)

Microsoft Visual Studio 2010 Shell (Isolated) がインストールできれば
AVR Studioです。
バージョンは5.1ですね。
まずはこちらへいきます
ダウンロード

サイトの下の
Software Descriptionの
AVR Studio 5.1 Installerってところの左側に変なアイコンがあるので
クリックでダウンロード
ダウンロードするまでにアドレスとか登録してください。

そしたらインストール
流れにそったらいけると思います。

これで開発環境は構築できたはず!
いよいよ勉強開始だ!!!

と思ったら、
Pololu USB AVR Programmerのファームウェアが最新じゃなかったので、
更新しました。
すごく分かりにくかった。。。英語が読めないからだけどw

と言うことで次の記事
AVRプログラマのアップデート
で紹介します。