うみの河童

自分にとっての3/11

自分にとっての3/11は
震災が起きた日ではありません。
※震災がとうでもいいということでは決してありません。。。

5年前の今日。
スポーツバック1個と 寝袋を持って上京してきました。
当日は寝袋1枚で寝て、ここまで寒いところがあるのか!と衝撃でした(笑)
初めて借りた部屋には電気が備えられてなく、
トイレの電気でしばらく暮らしていましたね。
その2週間後にはバイトを決めて
人生初めてお金を稼ぎ始めました。
初めてバイトした日は3/27でしたね。

それから学校へ通い、
そのバイトも辞め、
そして卒業して。
卒業したのは1年前のちょうど今日でした。
卒業式のパーティー終了直後にゆれて、
海岸沿いのホテルだったため、津波がくる!と高台に非難させられたのを覚えています。

SMAPの名曲「夜空のムコウ」で
「あの頃の未来に僕らは立っているのかな」という歌詞がありますが、
今の自分はあの頃の未来には立っていません。
でも、それが間違いだったとは1mmも思いません。
あの頃よりも成長できていると信じているからです。

今、思い描いている未来に
その頃立っているとも思っていません。
すでに1年前の思い描いた場所にも立っていないので。

なにはともあれ、
東京生活も満5年、6年目突入ということで。
いつも能天気に生きているので信じてもらえないかもしれませんが、
ここまでの道も平坦じゃなかったんですよ(笑)まぁ、それはどうでもいいことですね。

東京へ送り出してくれた母親、
上京して右も左もわからないときに兄弟のように接してくれたバイト先の店長・先輩、
学生時代にであった先生、
社会人になってピンチを救ってくれた先輩、
本当にありがとうございました。

今年は、
やってもらったことを
後輩たちにやってあげられる人間になる1歩になれればと思います。

いつまで東京にいるのかわかりませんが、
また1年がんばります!